たかはしかおる

【パニック障害が得意です】

「あなたに安心をお届けします」

出身地

神奈川県

趣味

釣り

数独パズル

音楽を聴く

得意分野

経歴

1969年 神奈川県で長女として誕生。

父の転勤で中学3年生の時に、三重県四日市市に転校。

高校を卒業後、慈恵看護専門学校に入学。

卒業後、東京慈恵会医科大学付属病院に1年10か月勤務。

その後、実家に戻り、個人病院に7か月勤務し、結婚し神奈川県へ。


娘が1歳6か月、私が26歳の時、突然のパニック発作をおこしました。

心療内科でパニック障害と診断され、投薬治療とカウンセリングを受けました。

ゆっくりながらも次第に回復し、7年後次女を出産。元気に子育てをしていましたが、

子ども会の役員や学校の役員を頑張ってやると、

また発作をおこすようになりました。

休めば回復するものの、いつも必死に子育てをして、

必死にパニック障害を隠す日々でした。

何度か発作を繰り返すごとに発作の恐怖は増すばかりで、

とうとう外に一人で出られなくなりました。


子どもが大きくなり、これ以上子ども達に迷惑をかけたくないという思いが強くなり

2018年(49歳、パニック障害歴は20数年以上)に、

藁をもつかむ思いでアメブロで知った小園麻貴氏にカウンセリングを受けました。

そこで初めて、自分がポンコツだったことに気づき、

目からウロコが落ちる思いでした。


そして、私がなぜ懸命にパニック障害を克服しようと頑張っても

発作をくりかえしてきたことの謎が解けた気がしました。

生まれて初めて、肩から力が抜けほっとしました


私のようにパニック障害を隠し、一人で不安な日々をすごしていらっしゃる方々に、

一人ではないあなたも大丈夫と伝えていきます。 

プロフィール

2018年 小園麻貴さんのカウンセリングを受けました。

小園麻貴氏主催のカウンセラー養成講座を2度受講しています。

当時は誰にもわかってはもらえないと一人で抱え込んで、一人で泣いていました。

でも世界は自分が思うよりずっと広く、優しいかったのです。

カウンセラーとして、クライアント様の心に寄り添っていきます。

メッセージ

パニック障害歴は20年以上。

発作の恐怖で、引きこもり状態、何をどうしたらいいのか、分かりませんでした。

パニック障害は「心の弱い人のなる恥ずかしい病気」だと捉えて、

家族以外の人には隠し続けました。

誰にも理解されないあの不快な感覚、あのわけの分からない不安感、恐怖。

一人で抱えて、一人で泣いてきました。

でも、カウンセラーさんが分かってくれました。


そこから世界が少しずつ広がっていきました。

長い間パニック障害を引きずってきたわたしは、

カウンセリングを受けながらも

「わたしだけは無理です、変わりません」とカウンセラーさんに言い続けていましたが、

こうして今豊かに自分らしく自分のままで安心して生きています。

大丈夫です。一寸先は光です。

お会いできる日をお待ちしています。

お申し込み先

以下のカウンセラーのサイトよりお申込みください。

リンク

前の記事

大坂優子